澤研究室 構造物性物理学講座 構造物性工学研究グループ
HOME 研究室メンバー > 片山 尚幸
研究室メンバー
片山 尚幸
Naoyuki Katayama
片山 尚幸
研究分野 固体化学、固体物理
研究分野を表す
キーワード
X線構造解析(構造物性)、物質探索
研究テーマ
  • 放射光X線/中性子回折を用いた構造物性研究
  • 鉄系新超伝導体およびフラストレート磁性体の物質探索
担当科目 応用物理学実験第1(2011〜2016)、応用物理学実験第2(2011〜)、回折物理学特論(2015〜)、先端材料と物性物理(2016〜) 
学歴/職歴
2008.3 科学博士(東京大学)

2007.4 日本学術振興会特別研究員DC2
2008.4 東京大学物性研究所 大串研究室
日本学術振興会特別研究員PD
2009.4 Virginia大学物理学科 Seunghun Lee group
Research Associate
2011.7 名古屋大学大学院工学研究科・マテリアル理工学専攻
応用物理学分野・構造物性物理学講座 助教 
2015.12 名古屋大学大学院工学研究科・マテリアル理工学専攻
応用物理学分野・構造物性物理学講座 准教授   現在に至る  
研究業績

全論文リスト (2017/7/25 update)
(以下代表的なもの3件)

Absence of Jahn-Teller transition in the hexagonal Ba3CuSb2O9 single crystal
Proc. Natl. Acad. Sci. USA (N. Katayama et al., 2015) 112 / 9305-9309.

Superconductivity in Ca1-xLaxFeAs2:A Novel 112-Type Iron Pnictide with Arsenic Zigzag Bonds
J. Phys. Soc. Jpn. (N. Katayama et al., 2013) 82 / 123702

Anomalous Metallic State in the Vicinity of Metal to Valence-Bond Solid Insulator Transition in LiVS2
Phys. Rev. Lett.(N. Katayama et al., 2009) 103 / 146405

外部獲得資金
平成27年度 科学研究費補助金 若手研究(B)
「三次元鉄ヒ化物超伝導体の創成」平成27-28年度
平成29年度 科学研究費補助金 若手研究(B)
「新しい固体冷凍技術「電池冷凍」の開発」平成29-30年度
平成28年度 公益財団法人立松財団第24回研究助成 (特別助成) 他、数件
賞罰
JPSJ Most Cited Articles in 2014
  対象論文 : Superconductivity in Ca1-xLaxFeAs2: A Novel 112-Type Iron Pnictide with Arsenic Zigzag Bonds (1st author)
JPSJ Most Cited Articles in 2009
 対象論文 : Intrinsic Properties of AFe2As2 (A = Ba, Sr) Single Crystal under Highly Hydrostatic Pressure Conditions (2nd author)
JPSJ Most Cited Articles in 2008
 対象論文 : Commensurate Itinerant Antiferromagnetism in BaFe2As2: 75As-NMR Studies on a Self-Flux Grown Single Crystal (2nd author)
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業第9回「わかしゃち奨励賞」 優秀賞
新聞報道等
2012年 5月4日 日本経済新聞
『極低温下でも固体にならず 東大など物理現象発見』
 関連論文 : Spin-Orbital Short-Range Order on a Honeycomb-Based Lattice
 解説記事 : 乱れに強い量子液体状態を示す銅酸化物磁性体の発見
2013年 11月29日 科学新聞1面
『レアアース含有量を低減 新しい高温超伝導体開発』
 関連論文 : Superconductivity in Ca1-xLaxFeAs2: A Novel 112-Type Iron Pnictide with Arsenic Zigzag Bonds
Nagoya University Research Highlight
『未来のエネルギーを守る: レアアース含有量を大幅に低減した鉄系高温超伝導体を開発 』
2015年 7月14日 名古屋大学プレスリリース
『極低温まで軌道自由度が凍結しない銅酸化物を実現 -『量子スピン軌道液体』状態の実現に道を拓く-』
 関連論文 : Absence of Jahn-Teller transition in the hexagonal Ba3CuSb2O9 single crystal
2016年 12月 名古屋大学工学部・工学研究科 WebNEWS 2016 No.40 研究046
『無機結晶中で現れる「量体化」を制御し機能を生み出す』
2017年 1月 名古屋大学プレスリリース
『温めると縮む新材料を発見 −精密機器や電子デバイスなど広汎な応用に期待−』
 関連論文 : Colossal negative thermal expansion in reduced layered ruthenate
前のページへ戻る